イベントナースの仕事内容とは?

イベントナースとは、夏のフェスやライブ・コンサート、大勢の人が集まる花火大会やマラソン大会などのスポーツ大会のイベント会場、学校の遠足・修学旅行や移動教室の付き添いなど、イベントを行う際に看護業務を行う看護師のことを言います。基本的には、一日から半日程度の単発のお仕事になりますので、ちょっとした空き時間にお金を稼ぐことが出来るため、看護師の方には人気があります。

イベントナースの仕事内容って?

主な業務内容は、イベント参加者・観客の急病や怪我への応急措置、真夏のイベントであれば熱中症や脱水症状の予防・対応などを行います。現場には、基本的にはイベントナース以外の医療関係者はいませんので、急病人・けが人が発生した際は、自分で判断し、適切な措置をとらなければなりませんので、ある程度の経験が求められます。しかし、通常ですと、そこまで大きな怪我、大きな病気の発生もありませんし、けが人も大きなスポーツ大会でなければそこまで多くはありません。待ち時間が多い仕事とも言えます。

イベントナースの人気の理由として、ライブやフェスなどの音楽のイベント・野外のスポーツイベントなど、普段とは違う開放感のある場所で仕事ができること。ライブ・フェスの場合は、実際にステージを見ることがほとんど出来ませんが、音楽を聴くことはできるため、夏フェスのイベントナースは音楽好きの看護師には人気があります。

イベントナースの給料・時給は?

関東首都圏・東京エリアで人気のイベントナースの時給・給料は?

代々木公園のイベントや、東京マラソン、花火大会など東京はイベントが盛りだくさんです。最近では、ゆるキャラなどが出演するイベントや、食べ比べグルメのイベントなどが多く開催されるようになり、イベントナースの求人も増えています。
東京でのイベントナースの時給は1400円~2000円の求人が多くなっています。中には、時給が2000円を超えるものもあります。半日の拘束で6000円~8000円前後、一日の拘束時間だと12000円~15000円の求人が多いようです。

関東首都圏・東京エリアでのイベントナースの求人を探すにはナースパワーがおすすめです。大手の看護師向けの求人サイトでは、単発のアルバイトの求人は取り扱っていません。ナースパワーは大手が扱っていない、派遣・単発のアルバイト・パートの求人に力を入れているため、看護師向けの単発のアルバイトやパート、派遣の仕事などの求人件数はダントツです。

ナースパワー人材センターの詳細はこちらからチェック

一般的なイベントナースの時給・給料は?

東京以外のエリアのイベントナースの時給・給料もそこまで変わりはありません。例えば、福岡の修学旅行の添乗看護師で一日12000円×日数。大阪・名古屋のデイサービスのアルバイトで時給が1700円などと、短時間で稼ぎやすい求人が多くあります。

1月から3月は修学旅行のハイシーズンになりますので、修学旅行添乗看護師の求人が多く集まります。数日間の拘束になりますが、旅行気分で修学旅行の添乗看護師の仕事をすつ看護師も多くいらっしゃいます。

ちょっとした空き時間に、普段とは違う環境で仕事ができる事もイベントナースの魅力の一つ。子供が好きな方には、遠足や移動教室などののイベントナースの仕事、音楽が好きならフェスやコンサートのイベントナース、旅行好きであれば修学旅行のイベントナースなど、自分の好みに合わせて選べる楽しみもあります。

イベントナースは、自分らしく働きながら、しっかりと稼ぐこともできる魅力的な働き方の一つです。

半日から一日、数日間まで、イベントナースの求人情報はナースパワーが豊富です。
ナースパワー人材センターの詳細はこちらからチェック