【志望動機・例文】企業看護師・産業保健師の仕事内容とは?

病院以外で看護師として働きたい人に人気!企業看護師(産業保健師)とは?

病院やクリニックなどの医療法人への勤務ではなく、一般企業へ勤務している看護師の事を企業看護師(産業保健師)と言います。企業勤務看護師の多くは、社内の医務室や診療所などに勤務し、病気の治療ではなく従業員である社員の健康維持・管理をなどの業務に従事します。

昨今の傾向として、病院勤務ではなく一般企業内の保健管理室や、医務室での勤務、『企業看護師』への注目度が上がってきています。

一般企業は、基本的には昼間帯の勤務のみ、そして土日・祝日が休日になる場合が多いため、夜勤や、不規則なシフト制での勤務により病院での勤務に、心身ともに限界を感じている看護師さんに魅力的に映るようです。

しかし、まだ求人件数としても少なく、企業看護師として働いている看護師さんがあまりいないため、実際どういう仕事内容なのかが分かりにくく、企業看護師への転職に二の足を踏んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで、このページは具体的に、企業看護師(産業保健師)の業務内容について詳しく説明します。

企業看護師(産業保健師)の仕事:社員の健康診断

企業看護師としての仕事として、まずは社員の健康診断があります。健康診断の検査はそれぞれ専門の医師が行います。企業看護師は、それぞれの担当の医師・技師のサポートから、採血・腹囲の検査・身長と体重の検査や、女性ならではの婦人検査をメインに行います。

企業看護師(産業保健師)の仕事:健康相談・保険指導

健康診断とは別途で、社員の健康状態のチェック、健康相談・保険指導などを行う場合もあります。特に、健康診断の結果を踏まえて、健康状態の維持・改善の指導を行うのは企業看護師の業務のひとつです。健康診断のデータを元に、適切な健康指導を行える事が重要です。

近年では特にメタボリックシンドローム対策に力を入れている企業もありますので、健康相談・保健指導の業務の重要さは増しています。

企業看護師(産業保健師)の仕事:社員のストレス改善・メンタルヘルス

こちらも近年ますます問題になってきていますが、社員のメンタル面のケアも企業看護師の業務になります。

特に、勤務体系が過酷なIT企業などでは、うつ病などの精神障害が深刻になってきています。会社としても、うつ病で長期休暇の社員が増えると業務に支障がきたしますので、社員が精神的に追い詰められる前に、適切なメンタルケアを行うということも、大事な業務になります。

以上、特に大切な企業看護師(産業保健師)の業務内容をご紹介しました。病院勤務と基本的に違うことは、『病気を治療する』のではなく、『病気になるのを未然に防ぐ』事が大きな目的になります。

ここにやりがいを感じられる方には、企業看護師をおすすめします。

企業看護師(産業保健師)の志望動機(例文・サンプル)

企業看護師に興味があるけれども、病院勤務しか経験のない方には、実際に求人に応募する際に、志望動機で悩む方も多いと思います。具体的に志望動機の例文・サンプルをご紹介します。

介護施設から企業看護師への応募の志望動機の例文

5年ほど、介護施設で勤務しておりまして、身体が不自由な高齢者と真摯に向き合い、健康回復のサポートをしてきました。毎日のリハビリを通して、徐々に健康を取り戻していくと皆さん笑顔が多くなり、サポートする側としてもその笑顔を見ることがとてもやりがいと感じるようになりました。
その経験を活かし、企業看護師として、社員の方の健康維持・健康回復のサポートを通して、社員の皆さんのQOLの向上、そして病気を未然に防ぎ、社員の方だけでなく、社員の家族の方の笑顔が少しでも増えるように看護師として貢献したいと思い、応募致しました。

外科病棟勤務から企業看護師への応募の志望動機の例文

外科病棟に勤務して6年になりますが、病床数の多い職場の為、ひとりひとりの患者さんと向き合える時間が少なく、日々入退院していく患者さんの様子に気にかける時間もない状態に疑問を持っておりました。
そのため、徐々に病院に入院中の一瞬にのみ携わるのではなく、退院後の病状のフォローや、健康状態にも携わっていきたい、そういう気持ちが強くなり、転職を考えるようになりました。その時に、企業看護師という、社員一人ひとりの健康状態にしっかりと向き合って、サポート出来る働き方があるということを知り、ぜひ社員のみではなく社員の家族・お子さんまでも幸せに暮らせるサポートを看護師として行っていきたいと感じ、御社に応募させて頂きました。

ここでは、よくあるパターンを想定し、志望動機のサンプルを一例として紹介しました。
実際に、応募される場合は看護師の人材紹介会社のコンサルタントなどに相談し、応募先の企業の実情なども調査してもらった上で、志望動機を考えてみてください。

企業は病院とは異なり、業種・勤務場所によって大きく勤務内容が異なります。的はずれな志望動機にならないよう、病院への転職よりも気をつけて志望動機をまとめましょう。