保育所(保育園)看護師の仕事内容とは

保育所(保育園)看護師として働く

保育園看護師は、2007年の制度改正(地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律 )によって新設された看護師の新しい働き方です。

最近は、病院などの医療機関ではなく、介護施設や企業で働く看護師が増えていますが、その中でも、1番人気が高いのは『保育所(保育園)』です。

女性が多い看護師。やはり乳幼児などの子供相手の仕事は人気が高いようです。しかし、看護師が保育所でどのような仕事をするのかイメージがつきにくい人も多いかと思いますので、実際に保育園や保育所での看護師の仕事内容についてまとめてみました。

保育所での主な仕事は、子供・乳幼児の健康状態のチェック、怪我や具合が悪くなった子供の対応

保育所での、看護師の主な仕事は

  • 子供の健康状態のチェック
  • 子供の定期検診のサポート
  • 怪我や病気の子供の応急措置
  • 保育士の補助業務

になります。

これ以外にも、ノロウィルスなど食中毒が流行る時期には保育所内の衛生管理なども行う場合もあるようです。インフルエンザの流行期にも、正しいうがい手洗いの仕方なども指導します。子供の健康を、守るのが保育所での看護師の役目です。保育所は0歳児・1歳児・2歳時などの幼い子どもたちを預かります。そのため、医療経験が豊富な看護師はいざというときには迅速な対応が必要となります。

保育士の補助も保育所勤務の看護師の仕事

保育所勤務の看護師は常に看護師としての仕事をする訳ではありません。ご飯の時間や遊びの時間などは、保育士の補助業務を行います。乳幼児のオムツの交換から、授乳や食事の介助など基本的には何でも行います。

子供たちと一緒に遊ぶのも保育所勤務の看護師さんの大切な仕事です。一緒に遊んでる途中に具合が悪くなる子はいないか、危ない事をしていなかいか、衛生面で問題のある箇所はないか、など看護師の視点でチェックします。

子供好きな看護師にはやりがいのある仕事

毎日子供たちの笑顔に囲まれて働ける職場は病院勤務とはまるで違います。子供たちの成長を見守り、子供達が安全に過ごせるように毎日尽力できるのは、保育所看護師ならでは。また、医療のプロとしても園内の保育士からも期待をされるため、適度な緊張感も持って仕事ができます。

保育所看護師を募集している保育所、保育園は多くはありませんが、求人件数は徐々に増えてきています。

しかし、求人が出ていないか定期的に確認するのは至難です。毎日ハローワークに通う訳にもいきません。そこで、活用したいのが、看護師の人材紹介会社。

すべて無料で利用できる上に、あなた専属のコンサルタントがあなたの希望の求人を探してくれます。新しく保育園の求人が出た際もいち早く連絡をくれるので、希望の保育園の求人を見逃すこともありません。