内科への転職を考えてる看護師の方へ

内科への転職を希望されている看護師の方へ

内科ってどんな診療科?

内科とは、プライマリーケア(初期診療)の役割を果たす診療科であり、一般に、高校生以上の大人に対して病気全般や軽度な外傷の診断と手術以外の治療を行い、併せて生活習慣の改善なども管理・指導する総合的な診療科です。

対象となる疾患は、呼吸器や消化器、循環器、内分泌、血液、神経系統など幅広く、目や耳など特定の器官以外の疾患は基本的にはすべて内科で扱われます。

最近では特に、内科の中でも『循環器内科』『呼吸器内科』『心療内科』『高血圧内科』『老年内科』のように
とても細かく分類されることが多くなっています。

内科で働く看護師に求められるものは?

内科が受け持つ診療範囲はとても広い分野にまたがっています。規模の大きな病院では上記のように各内科ごとに専門の医者を配置していることが多くなりますので、看護師も各内科ごとに専門の知識を求められる事が多くなっています

逆に、個人開業医などの規模の小さな内科クリニックでは、一人の医師が細かく分類せずに内科としてすべての診療をしますので、看護師には幅広い知識・経験を求められます

内科は患者さんがまず最初に診察に訪れる診療科になりますので、患者さんの幅広い年齢層の方に接する機会がとても多くなっています。そのため、内科希望の看護師さんには、コミュニケーション能力を求められる事があります。

診察に来られる患者さんの中には身体の不自由なお年寄りの方や、うまく自分の体調を伝えられない小さなお子さんもいらっしゃいます。様々な患者さんに対して適切な対応ができる事も内科で働く看護師には求められるスキルの一つになります。

どの内科で働くことになったとしても、内科では手術などの外科的な診療は行う事はありません。ですので、患者さんに外科的処置が必要となった際には、外科の看護師・医師と連携をする場面がたびたび起こります。

こういった場面でも、診療科を跨いだ診療を行う為にスムーズなコミュニケーションが必要となります。

内科への転職・就職の近道は?

内科は幅広い診療範囲を受け持っているため、コミュニケーション能力以外にも各病院によって求められるスキルが異なるのも事実です。
気になる病院がありましたら、まずは問い合わせをしてみることが大切です。自分で問い合わせをするのが嫌な方は、看護師の人材紹介会社のコンサルタントを利用しるといいでしょう。あなたの代わりにすべて病院とのやりとりを行ってくれます。