看護師のコールセンター勤務の仕事内容とは?

コールセンターで働くには

看護師がコールセンターで働くとは?

近年では、保険会社のコールセンターや地方自治体のサービスとして電話での医療相談健康相談など、看護師がコールセンターで働ける機会が増えています。

しかし、まだまだコールセンターでの勤務経験のある看護師さんが少ないため、具体的に看護師としてコールセンターで働く際に必要なスキルや、実際の仕事内容がどのようなものになのかを知る機会がありません。

そこで、看護師としてコールセンターで働くにはどういったスキルが必要なのか、具体的にどういった仕事をするのかをわかりやすく解説していきます。

コールセンター勤務では、素早い判断能力と医学的な知識が必要

コールセンター勤務の看護師に求められるのは、電話での急病や怪我などの相談時に、言葉だけの情報で的確な対処法を電話越しの相手にうまく伝えられるか、ということです。

つまり、瞬時の判断能力と豊富な医学的な知識が必要とされます。そのため、看護師向けのコールセンターの求人によっては、最低限の臨床の現場経験年数を設けている場合もあります。それほど、看護師としての経験が問われる仕事なのです。

コールセンターというと、所詮は電話での対応でしょ?と思われる方もいるかと思いますが、対応が電話越しになるだけで、実際に行うことは臨床現場とあまり変わりないかもしれません。

高いコミュニケーション能力も必要

電話してくる方は、突然の怪我や急病で通常の心理ではなく、気が動転している方が多くいらっしゃいます。その際に、相手をできるだけ落ち着かせてどういった症状なのか、どういった経緯でそうなったのかなど、的確にヒアリングできる事も必要となります。

特に、実際に触れることができないため、脈拍のチェックも電話越しに相手にやってもらわないといけません。

そういった際に、言葉だけで適切に相手に伝えられるスキルは必須となります。
普段から患者さんとコミュニケーションをとるのが得意(好き)な看護師さんにとっては向いている仕事かもしれません。

看護師のコールセンターで多い勤務体系って?

日勤ももちろん多くありますが、コールセンターでの勤務だと、派遣勤務や、アルバイトなどの時間単位で勤務できる場合も多くあります。

コールセンターの中には24時間体制のところもありますので、その場合は夜勤も発生します。
もちろん、夜間の勤務の方が給与は上がりますので、がっつり稼ぎたい人は夜間に集中的にシフトに入るというのもいいかもしれません。

このようにコールセンターは、ちょっとした空いた時間を有効に活用して働きやすい職種になります。自分のペースに合わせて勤務を決められるため、プライベートを重視する看護師の方には魅力があるかもしれません。

看護師向けのコールセンターの求人はどこで探せばいいの?

最近では、コールセンターを設けているのは保険会社のみでなく、例えば食中毒などの心配がある飲食のメーカーのコールセンターや、製薬会社のコールセンターなど、幅が年々広がっています。

そういった様々な業界の、看護師向けのコールセンター求人情報をチェックするには、やはり看護師の求人情報サイトを利用するのが効率的でしょう。中でも大手の人材紹介会社を利用することをお勧めします。

というのも、元々人材紹介サービスを行っている大手の看護師専門の人材紹介会社には、大手企業との太いパイプがあります。そのため、看護師専門の人材紹介のみを、扱っている会社よりも企業向けの求人が集まりやすくなるのです。

コールセンターの求人を探すなら・・・

ナース.jp.netの口コミでも、サポートの満足度が高い会社がおすすめです。

マイナビ看護師

有名な総合人材サービス「株式会社マイナビ」が運営する看護師専門の転職サービス。医療業界だけでなく、日本の転職を知り尽くしたプロのコンサルタントが多数在籍!そのため、一般企業のコールセンターなどの求人も多数。
マイナビ看護師を詳しく見る