美容クリニックで働きたい【タイプ別看護師転職診断】

美容クリニックで働きたい看護師の方へ

近年の美容ブームで、都心を中心に美容クリニックの数も堅調に増えており、それに伴い美容クリニックでの看護師の求人も増えています。しかしながら、美容外科の増加に看護師の供給が追いついていない状況になっているため、そして、美容外科の経験がある看護師の数がまだ多くないため、業界未経験でもOKの求人が多く出ています。

美容クリニックへの転職を考えている看護師さんにとってはまさに今がまさにチャンスとなります。

美容クリニックでの仕事内容は?

美容外科は主に女性の患者に綺麗になってもらう事を目的とする診療科目ですので、一般の病院の業務内容とは異なる部分が多くあります。

そこで、日頃馴染みの薄い美容クリニックでの看護師が担当する業務内容を紹介します。

まず、美容クリニックは大きく分けると2種類に分類されます。

・美容目的の皮膚の施術を行う、『美容皮膚科クリニック』
・美容目的の身体への施術を行う『美容外科クリニック』

の2つになります。それぞれのクリニックによる違いをカンタンに説明します。

美容外科クリニックの仕事内容は?

一般的な美容外科のイメージが強い美容外科クリニック
主な業務内容(施術内容)は、

・脂肪吸引や豊胸手術などの女性の身体のラインをキレイにする施術
・鼻筋をキレイに整えたり、二重まぶたの施術など、女性の顔をキレイにする施術

が主な業務内容となります。
施術する際にはオペ室で手術を行うので、外科などで手術の経験がある看護師は、美容外科クリニックでは即戦力として活躍する場面が多くなるでしょう。

美容皮膚科クリニックの仕事内容は?

もう一つの美容クリニックである、美容皮膚科クリニック
主な業務内容(施術内容)は、

・ニキビやアンチエイジング目的の皮膚の施術や
・脇や気になるVゾーンなどのレーザー脱毛などの脱毛処理

など、女性の肌をキレイに見せるための施術が主になります。
イメージとしては、一般的なエステティシャンに近い業務内容になります。

美容皮膚科クリニックにおいても、注射などの医療行為をする場面は多くあります。
しかし、病院勤務時と比較すると、医療行為をする場面は少ないかもしれません。

美容クリニックならではの看護師の仕事

美容クリニックでは接客の要素も大きくなります。

通常の病院のように病気や怪我の治療の為に来院する患者さんではなく、美しくなりたいと願う患者さんが来院します。

そのため、クリニック全体の受付業務を行う事が多くあります。看護業務だけでなく、来院した患者さんに気持ちよく施術を受けてもらうため通常の病院では行わない接客方法も覚えていく必要があります。

特に、美容皮膚科のクリニックでは通院の回数が多い患者さんとの接客が多くあります。患者さんと一番接する機会が多いのは受付業務も担当する看護師になります。患者さんとのコミュニケーションの中で、いかに信頼してもらえるかが、そのまま美容クリニックへの信用にも繋がっていきます。

病院にはない業務を覚えるまで大変かもしれませんが、患者さんとのコミュニケーションが好きな方には向いているかもしれません。

美容クリニックでの仕事の魅力

なんと言っても、美容クリニックの仕事の魅力としては、『夜勤がない』事です。美容クリニックは診療時間は基本的に昼間のみのため、夜勤はありません。

また、美容クリニックは予約制のところが多いため、急患などの対応がありません。そのため、『残業も少ない』クリニックが多いようです。

この二点のメリットにより、病院勤務での夜勤に疲れきった看護師さんが美容外科クリニックに転職してくるケースが多いようです。プライベートの時間を優先したいという方にはおすすめなクリニックとなります。

また、美容クリニックの患者さんは、皆さんコンプレックスを解消するために来院する方が主になります。
一人ひとりの患者さんの悩みやコンプレックスの解消の手助けを行い、患者さんが持っていた本来の笑顔を取り戻す手伝いが出来ることが、美容クリニックのイチバンの魅力です。

美容外科クリニック専門の求人サイト『美容外科求人ガイド』の評判と口コミはこちら

美容クリニックの給料が高い理由については別のページで解説しています。
『美容クリニックの看護師の給料(年収)が高い理由とは?』のページも併せて御覧ください。