ボーナス(賞与)もらった直後に転職したい(辞めたい)

看護師の転職のギモンQ&A

看護師の皆さんに限らず、会社員でも夏のボーナス(賞与)、冬のボーナスを貰った直後に辞めたい(転職したい)と考えている方は多いと思います。

だけど、ボーナスを貰ってから辞めると伝えても、有給消化などを含めてるとボーナス支給日から換算すると2ヶ月ほど後になってしまいます。かと言って、夏や冬のボーナスを貰う前に、病院・クリニック側に辞める意志を伝えるとひょっとしたら自分だけボーナス(賞与)が支給されないのでは…?と不安に思っている看護師の皆さんは多いのではないでしょうか。

そこで、このページでは、ボーナスをもらった直後に辞めたい、そして転職したいと考えている看護師の皆さんに向けて、病院・クリニックを辞める意志を伝えるのはいつがいいのかを解説していきます。

ボーナスは事前に転職の意志を伝えても満額支給されます

まず、安心していただきたいのですが、ボーナス(賞与)はボーナスの支給日に働いていれば(有給消化の場合でも在籍していれば)満額支給されます。
基本的に、ボーナスは今後の成果の期待に対して支払われるのではなく、前回のボーナス支給日以降、今まで働いてきたあなたの仕事に対する成果に対して支払われるものです。

例え、ボーナス支給日の翌日に退職しようが、キッチリと支払われますので安心してください。ボーナス支給日に退職するとボーナスの支払いはありませんので、ご注意ください。また、ボーナスを貰う前に長期期間の有給消化をするとボーナス(賞与)を減額されるのでは…?と心配になっている方もいるかと思います。

こちらも、有給を取得してボーナスの支給額を減らされることはありません。有給取得は労働者の権利になっていますので、有給を理由にボーナスを減られるというのは心配しなくても大丈夫です。

そのため、ボーナスを貰ってすぐに他の病院・クリニックへの転職を考えている場合は、ボーナス支給日の2ヶ月前くらいには上司に退職の意志を伝えるようにしましょう。その際は、必ず事前にボーナス支給日を確認しておき、退職希望日は必ずボーナス支給日の後の日付で申し出るようにしましょう。

ボーナス支給タイミングは求人も活発になる

実は、ボーナス直後での転職をすると、転職活動をやりやすいというメリットもあります。というのも、他の皆さんも同じようにボーナスを貰ったら転職をすると考えているため、看護師の求人数も多くなり、転職活発になるためです。

そのため、普段はなかなか求人がでない人気の病院・クリニックも求人が出たりしますので、なにげにより良い条件で転職をするにはいいタイミングになります。また、先方の病院・クリニックもボーナス直後に欠員が出ることが決まっていますので、出来るだけ早く人員補充をしたいという思惑もあるため、通常の時期よりも内定が出やすいとも言われています。

時期としては、夏のボーナスの支給タイミングになる、6月・7月辺り。そして、冬のボーナスの支給タイミングになる、12月・1月辺りが狙い目になります。

例年同じ傾向にありますので、もしボーナスをもらってからの転職を考えているようでしたら、看護師の人材紹介会社に相談するといいでしょう。直近の賞与時期の求人状況などについての質問に丁寧に応えてくれます。

転職はいかに性格な情報を迅速に集められるかで、あなたの希望のどおりの転職ができるかが決まります。まだ具体的に転職日を決めていなくても利用できますので、気軽に相談してみるといいでしょう。

関連記事