看護師のファッション・メイク・身だしなみ事情 

看護師の転職のギモンQ&A

女性看護師のみなさんのメイク・ファッションについての注意点をまとめました。看護師の勤務中のファッション・メイク・身だしなみについてのポイントをご紹介します。

看護師のネイル・マニキュアは大丈夫でしょうか?

看護師にネイルはもちろんダメです。でも、足の爪のオシャレはOK!

看護師にネイル・マニキュアはNGは承知の事だと思いますが、最近では透明のジェルネイルは爪の保護という意味でも認められるようになった病院・クリニックもあるとのことです。自分の勤務先で、透明ジェルネイルが問題ないかどうかは必ず上長に確認を。

しかし、その際も爪の長さは必ず短くしておきましょう。看護師にとって、手の爪は患者さんを傷つけないこと、そして人の命を預かる場所ということの自覚は忘れないようにすることが大切です。

唯一例外として、ネイルやマニキュアが認められているのは美容外科クリニック。女性の美容を扱うクリニックでは、看護師にも常に美容を意識することが求められます。そのため、美容クリニックでは、ネイルOKな病院が多いようです。しかし、爪の長さはもちろん長くすることはNGです。医療行為の支障になるようなデコレーションももちろん禁止されていますので、ご注意ください。

足のネイルは、業務中は隠れているので好きなネイルをしてもOKです。

一方で、足の爪のネイルだけはこだわっている看護師さんは多くいます。普段の勤務中は、足の爪は完全にナースシューズで見えなくなるので、手の爪はまったくネイルが出来ない分のストレス発散として、足のネイルはかなりこだわりをもってデコレーションしている看護師さんが多いとか。

しかし、ストーンの付けすぎなどで、業務に支障が出るまでのデコをするのは控えるようにしましょう。

看護師の髪色で明るい色は大丈夫でしょうか?

看護師に派手な髪色は控えるようにしましょう。ダークブラウンなど抑え目のカラーリングならば問題ありません

昔は、身だしなみの一つとして、かなり髪の色にもうるさく言われたようですが、最近では看護師でカラーを入れている人も多くなっているため、多少の髪のカラーリングは問題ありません。しかし、患者さんの前であまりにも明るすぎる色、メッシュなどの一般的に社会人として相応しくないカラーリングはNGです。

一般のOLと異なり、看護師は人の命を預かる仕事です。オシャレを再優先することは避けるのが無難。暗めのブラン系のカラーリング程度にしておくようにしましょう。

ただし、新人看護師の1年目のナースの場合は、カラーリングは控えるようにしましょう。新人の看護師さんは、まだ一人前の仕事が出来なく、教えてもらう立場です。社会人マナーとして、ひと通りの仕事が出来るようになるまでは、身だしなみには特に気をつけ、出来るだけ黒髪のままにした方がいいでしょう。

看護師の髪型はまとめ髪が基本!

肩に髪がつくのはNG!また髪をしばる時も地味な色のシュシュ・髪ゴムを使いましょう。

看護師の髪型は、業務中に直す必要がないように崩れにくく、清潔感のある髪型がベストです。看護師の基本として肩に髪がつくのは絶対にNGです。また、前髪も長い場合はヘアピンでちゃんととめる事が大切です。仕事中に前髪を直すことのないようにしておきましょう。

元々、肩につかない程度の髪の長さの場合は、ゆるくパーマをかけてボブなどもおすすめです。最近の流行りですし、オフタイムの時もそのままの髪型で遊びに行けるということで、最近ボブにする看護師の女性も増えてきています。

またヘアワックスなども、あまり匂いの強くないものを使用するようにしましょう。見た目だけでなく、匂いも患者さんに嫌悪感を与えないようにすることが大切です。

髪をまとめる際も、シュシュの色やヘアゴムの色には注意してください。基本的には、黒色・紺色・茶色などの髪色に近い目立たない色を使うようにしましょう。キラキラした素材も控えるようにしましょう。

看護師の化粧はナチュラルメイクが基本!

マスカラ、グロスリップは薄めに、肌なじみするチークで自然なメイクに!

看護師さんのメイクは清潔感とナチュラルさが大切です。また、逆にすっぴんのままでも、顔色も暗く見えて健康的に見えないので、すっぴんもNGです。患者さんが安心して治療が出来るように、明るく・健康的に見えるようなメイクを心がけましょう。
病院は治療をする場です。患者さんが嫌悪感を抱かないように、気持よく治療に専念してもらえるように、つけまつげをつけたり・マスカラを重ねづけしたりなど、バッチリメイクをするのは避けるようにしましょう。

また、口紅の色も派手な色はNGです。リップグロスなどの艶がでるようなものも辞めたほうがいいでしょう。アイシャドウ・チークの色も、普段使うものよりも控えめにするのを忘れずに。

看護師の仕事は患者さんを元気にすること。看護師のメイクは患者さんが気持よく治療出来るための環境の一つです。