看護師1年目のお金の事情(貯金・給料・年収・ボーナス)は?

看護師の転職のギモンQ&A

看護師の皆さんもどこかで気にしている他の看護師の懐事情。看護師の1年目の貯金・給料(年収)・ボーナス(賞与)はどれくらい貰えるのでしょうか。このページでは、看護師1年目のお金についての疑問・質問について解説をしていきます。

看護師1年目のボーナスの額って?

まずは、新人の看護師(1年目)のボーナスについて解説します。
そもそも、社会人1年目のボーナス(賞与)は基本的にはその年の冬のボーナス(賞与)から満額が支給されます。そのため、最初の夏のボーナス満額での支給ではなく寸志程度の額(10万円~20万円程度)になりますので、夏のボーナスを当てにして買い物をしすぎてしまった・・・ということは避けるようにしましょう。

冬のボーナスについては、病院の規模や、勤務地によってマチマチになります。大規模の病院などでは新人の看護師にも40万円程度支給されるところもありますし、20万円に届かない病院もあるようです。また、気をつけて欲しいのは、ボーナスは通常の給料よりも天引きの額が多くなります。そのため、支給額に比べて手取り額が予想よりもかなり少ない、ということもありますので、冬のボーナスが満額支給されるからと言って、油断してはいけません。

看護師1年目の給料(年収)って?初任給の額は?

新人の看護師が初めて手にする初任給。みんながどれくらい貰っているのかやっぱり気になるものです。そこで、額面ではなく実際に自分が自由に使える額、手取りの金額について調査しました。

ある看護師の人材紹介サービスのアンケート調査によると、新人の1年目の看護師の初任給の手取り額は半数以上が20万円未満だったとのことです。15万円~20万円の間が一番多い手取り額のようです。初任給では、白衣代などがまとめて天引きされる施設もあるため、通常の月よりも手取りがかなり低くなる場合もあるようです。また、寮に入る場合は、最初の月に数カ月分まとめて引かれるということもよくありますので、注意するようにしましょう。

看護師1年目でみんなはどれくらい貯金しているの?

新人の看護師の皆さんの中には、奨学金を返していかなければならない人も多いと思います。少ない手取りの中から奨学金を払ったらもう手元にほとんど残らない・・・という方も多いと思います。そこで、看護師1年目の新人看護師の貯金について調査しました。

実家暮らしや、寮に入っている看護師さんで多かった毎月の貯金額は意外と高い金額で10万円。税制が優遇される病院の財形貯蓄制度を利用して毎月強制的に10万円を積み立てているという人や、毎月は5万円を貯金して、ボーナス時に10万円~20万円を貯蓄に回しているという看護師さんも。

意外と、看護師1年目の皆さんは手堅いお金の使い方をしている人が多いようです。特に、奨学金を使っていた看護師の皆さんは、少しでも早く奨学金を返済したいという気持ちが強いようです。