退職してから転職活動?働きながら転職活動?

看護師の転職のギモンQ&A

退職してから転職活動に専念するのと、現職で働きながら転職活動をするのと、どちらがいい?

三年目の看護師ですが、奨学金の返済が終わるので転職を考えています。初めての転職なので分からないのですが、退職してから転職活動に専念するのと、現職で働きながら転職活動をするのと、どっちがいいのでしょうか?

基本的には、現職で働きながら転職活動をする方が多いと思います。当サイトも、退職後に転職活動をするのではなく、在職中に転職活動をする事をおすすめしています。

というのも、退職してから転職活動をすると収入がない無職の期間が出来てしまうので収入面で大きな不安、負担になります。転職活動もスムーズに進むとは限りません。いつまで収入がない期間が続くのか分からないため、少しでも早く内定が欲しいという気持ちになりがちです。

その結果、第一志望の病院・クリニックからの内定でなくてもとりあえず働かないと暮らしていけない、、、と焦って考えてしまい、満足のいく転職が出来なかったという人が少なからずいます。

転職活動と仕事を両立するには?

しかし、働きながら転職活動をすると言うと、ただでさえ仕事で忙しい看護師の皆さんなので、仕事と転職活動を同時で進めるのは無理です。という方も多くいらっしゃいます。そういう方にオススメしたいのが、看護師さん向けの人材紹介会社です。

人材紹介に登録すると、あなた専任の転職アドバイザーが担当につき、あなたの転職活動を全面的にサポートしてくれます。
志望条件を伝えるだけで、希望にあった求人を探してくれますし、面接日の設定や面接の指南などのサポートもあります。

人材紹介会社については、こちらのページで詳しく説明していますので、細かな説明は省きます。興味のある方は参照ください。

そのため、働きながら効率よく転職活動を行うことができます。まだ、具体的にいつ転職を、するか悩んでる方もまずは相談してみると、自分の今後の看護師のキャリアについても悩み相談にのってくれます。

せっかく、奨学金の返済を終えて、好きな病院、クリニックに行くことが出来ますので、後悔のない転職が出来るようにお祈りしています。