退職交渉【看護師転職用語集】

退職交渉とは?

次の職場から内定をもらった段階で、今働いてる職場をいつ退職するかの交渉を直属の上司とすることになります。この交渉のことを退職交渉と言います。

法律的には一ヶ月前までに伝えれば大丈夫ですが、二ヶ月前までには退職の意向を伝えた方がいいでしょう。特に看護師の場合は常に人材不足の病院、クリニックが多いと思います。一人抜けるだけでもシフトを組み直す必要が発生したり、他夜勤がある場合は夜勤に穴が空いてしまう可能性もあります。

今まで共に働いてきた仲間に最後まで迷惑をかけないようにするため、出来る限り早めに退職交渉をするようにしましょう。

退職交渉時の注意点

上司との退職交渉の際は、引き止めにあうことが多くあります。『勤務条件の改善をする』『次の人が決まるまで待ってほしい』『異動希望をしてもいい』など、様々な条件を持ちかけられる事があります。しかし、あなたも内定が決まっている次の職場に迷惑を掛けることになるため、ここはキッチリと退職したい旨と、『いつまでに退職をする』と言うことを、伝えるようにしましょう。下手に『もう一度、考えます』、『次の職場の入職時期を調整をしてみます』などと言うと、後々調整ができず、結果内定が取り消される、次の人員の補充が間に合わなくなるなど、双方のためになりません。

長年勤めた病院をスムーズに辞める自信がないという方には、人材紹介会社を利用して転職するといいでしょう。
万が一、退職交渉が難航し次の職場に移る日程をずらさなければならなくなったとしても、人材紹介会社の担当者があなたに変わって病院と交渉をしてくれます。

せっかく内定をもらったのに、退職交渉に失敗して内定が取り消される。。。という最悪な事態は必ず回避できるようにしておきましょう。