看護師2年目『辞めたくなるほど辛い』体験

『1年はなんとか乗り越えたけど、もう限界』
『毎日業務に追われ、患者と向き合う時間がない』
『業務に加え課題があるのに、夜勤やら業務外の仕事やら・・・もう身体がつらい』

こんな思いで、あなたは毎日なんとか勤務を続けているのではないでしょうか。

なかなか仕事を覚えられずに辛く悩んでいた看護師1年目の新人時代を乗り越え、ようやく看護師経験2年目にもなり、少しずつ仕事内容にも慣れてきた看護師2年目の皆さんも多いと思います。

しかし、一方で仕事は覚えられているはずなのに、自分の中で看護師として成長できているのかを不安に思っている看護師2年目の方も少なからずいらっしゃると思います。

この記事では、

  • 『自分は看護師に向いていないのではないだろうか・・・。』
  • 『入職直後の新人は、要領がよくてすぐに追いつかれてしまいそうで怖い。』
  • 『2年めを迎えたけどこのまま今の職場で看護師として続けていく自信がない

こんな悩みを抱えている2年目の看護師向けに書きました。

2年目以外看護師の方はこちらの記事によくある悩みと解決方法をご紹介していますので、こちらを覧ください。

辞めたいほどつらい悩みと失敗しない転職看護師の『辞めたいほどつらい悩み解決法』と『失敗しない転職』とは?

悩みが多い1年目を乗り越えても、看護師2年目ならではの悩みも尽きることはありません。

また、看護師1年目では許されていたミスも、看護師2年目ともなると許されなくなってきます。看護師2年目にもなるとプリセプターがつかなくなり、そのため、仕事のミスに対して異様に恐怖心を覚えしまうのもこの頃からが特に多くなります。結果的に

自分は看護師に向いていないのではないだろうか・・・。

と、さらに仕事に対してネガティブな思考になりがちになってしまいます。

編集部

今まで困った時に相談できるプリセプターも2年目にはつかなくなるので、余計に自分の中で悩みを抱えがちになってしまう恐れも。新人から1人前としてみられる過渡期がちょうど2年目になります。

次からは、看護師として続けていく自信をなくすきっかけとなりやすい事例をご紹介していきます。

『ミス』『不安』はあなただけじゃない!

今まで、手とり足取り教えてもらっていた看護師1年目は、自動車教習所内で教官に車の運転を教わっていた教習生と言えます。ミスをしそうになると、教官がミスをしないように適切に教えてくれ、回避方法も丁寧に指示してくれます。

そのため、看護師1年目ではミスは未然に防げているのです。

 

しかし、看護師2年目にもなると、自らミスを未然に防がなければいけません。

ようやく自動車教習所を卒業して一般道路を走り始めた状態になります。

そのため、事故が起こらないように自ら常に注意している必要があります。まだ経験が浅いため、どうしてもミスに繋がってしまうこともあると思います。1年目ではミスしなかったような事も、2年目でミスしてしまう・・・。

 

結果、自分は看護師に向いていないのではないだろうか・・・。という悩みに繋がり、看護師を辞めたいと思うようになってしまっている場合が多くなります。

1年目の復習を徹底し、事前確認を怠らない

そのため、看護師2年目では、1年目にプリセプターから教わった内容を復習し、自ら実践していく事が重要になります。

もっと言いますと、1年目よりもますます基本に忠実にすることが求められます。

先輩看護師から見れば、1年目も2年目もさほどかわりはありません。まだまだ実戦経験が足りていないので仕事は完璧に出来なくて当たり前なんです。

 

しかし、同じミスは二度としないようにすることは大切です。

 

前にミスをした時に、どうしてこのミスを起こしてしまったのだろうか。同じミスをしないようにするために注意すべきポイントはどこだろうか。

と、必ず同じミスをしないように自分自身で振り返るようにしましょう。自分だけで解決しないようであれば、必ず先輩に相談することも大切。

 

先輩も、今のあなたと同じように2年目の辛さ・悩みを経験して今の看護師のスキルを身につけています。

「2年目なのにこんな質問をしたら仕事が出来ないと思われる・・・」と余計な心配をして質問が出来ない。。。という場合は、そんな心配をする必要はありません。

 

看護師として2年目のあなたはまだ発展途上。1年目と同様にどんどん周りから知識を吸収することが必要です。

 

仕事ではなく、職場の人間関係で辞めたいほどつらい

残念ながら、看護師として良い経験が出来る病院に誰しもが勤務出来ているとは限りません。

当サイト『夜ふかしナースのお悩み相談室』の口コミ投稿の中にも、仕事の内容ではなく職場の人間関係が悪く、仕事に集中できないという悩みを持った2年目の看護師の悩み投稿も多く寄せられています。

中には、雑用ばかりを押し付けられ、業務のほかに膨大な雑務をこなさないといけないため、新人時代に学ばなければいけない事も満足にできず仕事をや辞めようとしている方もいらっしゃいます。

編集部

せっかく、あこがれの職業についたのに、つまらない人間関係のせいで看護師という仕事を嫌いになる、他の職業に移ることになってはもったいないと思いませんか。

1年目よりもさらに積極的に業務を経験し覚えていかなければいけない看護師2年目で、つまらない職場の人間関係で仕事がうまくいっていないようでしたら、転職も考えたほうがいいかもしれません。

経験が少ない看護師2年目でも転職は出来る!

看護師2年目の若手の方が、転職を考えた時にまっさきに不安になるのが、経験が浅い自分が転職などできるのだろうか。という悩みだと思います。

結論から言いますと、全く問題ありません。
むしろ、看護師2年目の皆さんは「売り手市場」とも言えるんです。

というのも病院側から見れば、看護師1年目の新人教育はプリセプターや先輩の人手をかけて教育するという、言わばコストが一番かかる時期になります。

その看護師1年目をしっかりと経験した看護師2年目の皆さんは、教育というコストは1年目とは比較にならないほどかからない上に、病院ごとの変なルールやしきたりに染まっていないため、転職先の病院に馴染みやすい人材とも言えます。

看護師2年目の転職者は基礎部分がしっかりしているので、さらに看護師として経験を積みいち早く戦力になってもらうために『第二新卒』として教育に力を入れている病院も多くあります。そのため、現在の病院の教育体制に不満を持っている方にも、転職して環境を変えるというのはとてもよい選択肢のひとつとしてオススメできます。

  • 基礎を習ったばかりで、基礎がむしろしっかりしている。
  • 他の病院の色に染まっていないため、入職後に馴染みやすい。
  • 『第二新卒』枠としての採用を強化している病院が増えている。

 

以上の理由により、病院・クリニックでは看護師2年目の転職者は積極的に採用する傾向にあります。

とはいえ、今の自分のスキルで本当に転職ができるのだろうか。と不安な方も多いと思います。

 

そういう場合は、まずは、看護師の求人紹介会社の専門のコンサルタントに相談してみることをオススメします。

数多くの看護師2年目の転職者の悩みを相談をしてきたコンサルタントがあなたの悩みを訊いてくれ、適切なアドバイスをくれます。

すべて無料で利用できますので、是非利用してみてはいかがでしょうか。